更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(夜泣き)

夜になると、ほぼ決まった時間に泣き出し、ミルクをあげても、オムツを替えても泣き止まない。
短い期間なら、何とかのりきれるけど、長いこと続くと、一緒に泣きたくなっちゃいますよね。

原因は?

もっと外で遊びたいよーお腹すいたよー暑いよー寒いよーうるさいなぁ

もっとお母さんと遊びたーい

お客さんがいっぱいで興奮しちゃったー

泣き出したら

  • 『あかちゃんは泣くのがお仕事!』と、少し放っておくのも1つの方法です。
    それで収まってしまうことも案外多いものです。
  • 泣かせっ放しにできない時は、あせらず優しく抱いて、落ち着くのを待ってみましょう。
    それでも泣き止まない時は、気分転換におんぶをしたり、できるなら外に出てみたり、ちょっぴりドライブしてもいいかもしれませんね。お父さん、お母さん、家族みんなで助け合えるといいですね。
  • ご近所迷惑?気にしない、気にしない!子どもが小さいうちは、お互いさまです。顔を合わせたら「夕べはうるさくて、ごめんなさい」の一言を。

ふだんの心がまえは?

  • 日中の散歩がおすすめです。
    たっぷり外に出て遊ぶことで、睡眠が十分にとれるようになりますよ。
  • おっぱいやミルクの量は足りていますか?布団のかけ過ぎにも注意しましょう。
  • 寝る前に絵本を読んであげたり、子守唄を歌ってあげたり、静かな雰囲気を作ってあげましょう。
  • たくさん抱っこしてスキンシップを大事にしましょう。『お母さん大好き』の安心感が大事です。
  • いつまでも続くものではないので、あまり気にしないようにしましょう。

0歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427