更新日:2016年9月20日

ここから本文です。

とっておきの子育ての話(卒乳)

卒乳ってなあ~に?
卒乳はいつごろかしら?
卒乳についてあれこれ。

卒乳って?・・・

授乳回数が減って、子どものほうから「もう要らない」とことばや態度で知らせ、おっぱいを離れていくことです。母親側から一方的にやめていく断乳とは異なります。

おっぱいからの栄養

離乳食が、段階を追って進むと、食事からの栄養でカロリーを満たすようになってきます。そのため栄養の面からは、1歳前後におっぱいをあげる必要性がなくなってくるのです。
授乳の時には抱っこされ、柔らかい暖かさの中にいて、目線を合わせて、微笑んでもらえる極上の心地よさがあります。さっきまでの不安や心配がいやされるその時間こそは、心の栄養といわれています。

卒乳の時期って・・・?

食事からの栄養が十分になった1歳前後、歩き始めてまわりへの関心が広がってきた頃、大人との簡単な会話が始まった頃などともいわれています。赤ちゃんの「もういらない、ほかに良いふれあいや楽しいことを見つけたから」という時が、まさにおっぱいからの卒業の時。1歳前でも、3歳過ぎでもいいのではないのでしょうか。

卒乳にむけてともに

「もう、おっぱいは出ないのにまだ欲しがるの。」
「眠くなるとどうしても・・・」

「おっぱいちょうだーい」と欲しがっても、本当はそれ以外の「だっこ」や「おんぶ」「遊んで」などのふれあいを求めていることがあります。笑顔で抱き上げて、くすぐりっこなどして確かめてみましょう。それでも、欲しがるときは、まだあげていいのです。
昼間たくさん笑いあったり、散歩に行ったり、少し冒険して滑り台に挑戦したりして、からだを動かしてみましょう。おっぱいよりも楽しいことが増えて、ぐっすりと眠る準備ができる場合も多いですよ。
寝る前に、おっぱいが欲しそうになったら、絵本を読んでみてはどうでしょう。おっぱいに代わる心地よい時間になるといいですね。

ワンポイント

  • 決してあせらず時間をじっくり掛けましょう。
  • 誰もが「いつかは卒乳する」という気持ちを持ちましょう。

1歳

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8487

ファクス:022-261-4427